igaimyojin

vent

sango1sango2

krill

medakatori

 
 
研究概要

種特異的な生息場所を決める分子機能の解明 

(1) 深海の熱水噴出域への適応機構とその進化: 硫化水素や金属に対する適応機構、環境浸透圧への適応機構、 アミノ酸代謝ネットワークと環境適応

(2) 付着性生物の環境適応と付着機構: 付着性生物のユニークな機能の解明 (浸透圧適応、水中接着と移動)

 

サンゴ礁の「マルチオミックス」解析

(1) サンゴの共生メカニズムの分子機構: サンゴ-細胞内共生藻-バクテリアの全ゲノム情報を駆使した「サンゴ・ホロビオント」の丸ごとゲノミックス解析

(2) 白化現象や病気のメカニズム解明とその対策: 環境変動がサンゴに与える影響を多角的に明らかにし、 その治療法開発に挑む

(3) 遺伝子解析によるサンゴの「謎」の解明: サンゴの一斉産卵、石灰化メカニズムなど

 

自然環境の保全・遺伝的多様性の理解にむけて

(1) メダカ類・イガイ類を用いる環境評価: 東南アジアのメダカ近縁種、とくに海水適応可能な種の利用による環境評価 イガイ類への有害物質や微小プラスチックの影響評価

(2) 海洋生物の保全遺伝学的研究: 海洋生物の集団構造の解析や、遺伝子解析による効率的なサンゴ礁保全・再生の実現

(3) 海洋生物多様性の理解と解明: 環境DNAを用いた海洋生物モニタリング手法の開発